ルーレットのルールとゲームの流れ│最もシンプルなカジノゲーム

カジノ_ルーレット

ルーレットのルール解説

今回は、ルーレットのルールとゲームの流れを解説していきます。

ルーレットはカジノのある場所・国では必ずあるゲームです。
ルーレットは、賭け方により大勝できることもありますが、大損する確率が高いリスクが大きいゲームです。

ただ、沢山の人で賑わい楽しめるゲームで華やかです。
ルーレットは、すごくシンプルなゲームでディーラーが38マスある円盤の中へ球を回し、球が入ったその数字をプレイヤーが当てるというゲームです。

ルーレットのゲームの流れ

ルーレットのゲームの流れは、ルーレット台でディーラーがベットして下さい。と言うとプレイヤーは、自分の賭けたいマスへチップを置いていきます。

ベットタイム

この時、ディーラーは、「Place your bet(プレイスユアベット )」と言うのが一般的です。
「Place your bet please」や「Bet please」等の場合もあります。
この合図の後に、ベットをしていきます。

プレイヤーが数人いて、同じマスや同じ個所に賭けたい場合は、他のプレイヤーのチップの上へ自分のチップを置きます。

置き終わると、ディラーが球を回します。
球を入れた後に、「No more bet(ノーモアベット )」とディーラーが言います。
これがベット終了の合図ですので、No more betと言われた後に、ベットすることはできません。

そして、あとは、球がスポットに入るのを待つだけ!
球が入った数字が当たりとなります。この繰り返しとなります。

ルーレットにある18種類の賭け方と倍率

ルーレットの賭け方を倍率別にご紹介していきます。

2倍の賭け方

ローナンバー・ハイナンバー・偶数・奇数・赤・黒といった、18点掛けのベットポイントが2倍の倍率となっています。

スポット 詳細
ローナンバー 1~18
ハイナンバー 19~36
イーブン 偶数
オッド 奇数
レッド
ブラック

3倍の賭け方

Dozen Bet(ダズン・ベット)やColumn Bet(カラム・ベット)と言われる12点掛けのベットポイントが3倍の倍率となっています。

スポット 詳細
ファースト・ダズン 1~12
セカンド・ダズン 13~24
サード・ダズン 25~36
ファースト・カラム 1,4,7,10,13,16,19,22,25,28,31,34
セカンド・カラム 2,5,8,11,14,17,20,23,26,29,32,35
サード・カラム 3,6,9,12,15,18,21,24,27,30,33,36

6倍の賭け方

ダブルストリートベットと言う6点掛けのスポットが倍率6倍となっています。

スポット 詳細
ダブルストリートベット 1~6、19~24のような6個の連番

7倍の賭け方

Five Numbers Bet(ファイブ・ナンバー・ベット)やFirst Five(ファースト・ファイブ)やQuint Bet(クイント・ベット)と言われる5点掛けのスポットが倍率7倍となっています。

これは、00+0+1+2+3のみにベット出来るものとなっており、他の数字の組み合わせで5点掛けは出来ません。
また、アメリカンルーレットでのみ出来るベットです。

スポット 詳細
ファイブナンバーベット 00+0+1+2+3

9倍の賭け方

コーナーベットと言われる4点賭けのスポットが倍率9倍となっています。

スポット 詳細
コーナーベット 1+2+4+5 や 26+27+29+30など

12倍の賭け方

Street Bet(ストリート・ベット)と言われる3点賭けのスポットが倍率12倍となっています。

スポット 詳細
ストリートベット 1+2+3 や 19+20+21など

18倍の賭け方

Split Bet(スプリット・ベット)と言われる2点賭けのスポットが倍率18倍となっています。

スポット 詳細
スプリットベット 1+2 や 28+31など

36倍の賭け方

シングルナンバーやストレートアップと言われる1点賭けのスポットが倍率36倍となっています。

スポット 詳細
シングルベット 特定の数字1つ

このように、18種類の賭けパターンがあり複雑です。覚えるだけでも一苦労ですね。

各賭け方の解説

 

インサイドベットの種類

インサイドベットと呼ばれる各数字に直接ベットする方法からまとめていきます。

ストレートアップ

数字1つ1つに掛けるベット方法で、倍率は36倍。

ルーレット_ストレートアップ

スプリットベット

レイアウト上の縦・横に並んだ数字2つに掛けるベット方法で倍率は18倍。

ルーレット_スプリットベット

ストリートベット

レイアウト上の縦一列に賭ける方法で倍率は12倍。

ルーレット_ストリートベット

ダブルストリートベット

上記のストリートベット二列に掛ける方法で、倍率は6倍。

ルーレット_ダブルストリートベット

コーナーベット

レイアウト上の4つの数字にまたがるように掛ける方法で倍率は9倍。

ルーレット_コーナーベット

ファイブナンバーベット

アメリカンルーレットでのみ出来るベット方法。
0+00+1+2+3の5つの数字にベットでき、倍率は7倍。

ルーレット_ファイブナンバーベット

アウトサイドベットの種類

アウトサイドベットと呼ばれる各数字に直接ベットするのではなく、赤や黒、偶数や奇数と言った賭け方をまとめていきます。

ローナンバー・ハイナンバー

ローナンバー(1~18)かハイナンバー(19~36)にベットする方法で倍率は2倍。
0や00はローナンバーでもハイナンバーでもないので、0や00に入った場合はハズレ。

ルーレット_ローナンバーベット

レッド・ブラック

赤か黒に掛ける方法で倍率は2倍。
0や00は赤でも黒でもないので、0や00に入った場合はハズレ。

ルーレット_レッドorブラック

イーブン・オッド

偶数か奇数に掛ける方法。
0や00は偶数でも奇数でもないので、0や00に入った場合はハズレ。

ルーレット_オッドorイーブンベット

ダズンベット

ローナンバー・ハイナンバーを細かく区切ったバージョン。
ファーストダズン(1~12)、セカンドダズン(13~24)、サードダズン(25~36)に掛ける方法。
0や00はどのダズンにも当てはまらないので、0や00に入った場合はハズレ。

ルーレット_ダズンベット

カラムベット

レイアウト上の横一列にベットする方法で、倍率は3倍。
0や00はどのカラムにも当てはまらないので、0や00に入った場合はハズレ。

ルーレット_カラムベット

ルーレットの注意点

ディーラーが計算間違えすることもある

実際のテーブルでは数人のプレイヤーがいた場合、テーブルに置かれるチップの枚数が多いため、ディーラーの計算間違えが、たまにありますので注意が必要です。

私は、カジノへ行くたびに計算間違えをされました。私の場合は、できるだけ自分で確かめるようしてますが、少なく渡された時に限り運良く気づき「あっ」足りない!っとディラーに言います。するとディーラーは再確認し、チップを渡してくれます。

逆のパターンで多く貰った時、不思議と気づかないものなのですが、誰も気づかないままゲームをしていると、スーツを着た偉いさんが来て「先程、こちらのミスでチップを多く渡し過ぎたので返して下さい。」と来ます。ビデオカメラで確認することもできます。

少なく渡した場合、プレイヤーが気づかなかった場合は、何も言ってこないと思いますが…。

カジノの中は防犯カメラだらけなので、プレイヤーは不正など出来ません。鼻毛1本でも見落とさない程です。
ディーラーも計算する量が多すぎて、たまにパニックになるのでしょう。まぁ人間ですから仕方ありません。

一流シューターは狙いうちできる説

ルーレットにはこんな噂もあります。
一流シューターは、特定の数字を狙える説。

筆者自信は、偶然が必然に感じてしまう程度のものだと思っていますので、あまり信じていません。

これは、誰も賭けていないところをシューターが狙っていくというものです。
例えば、ストレートアップやブラック・レッドなど全体的にベットされている場合、0や00を狙っていくというもの。

もちろん、狙うことが出来たとしても、100発100中ではありませんし、ラスベガスなどでは、ボールを投入した後でも、ベットできますので、そこまで脅威な訳でもありません。

が、こういう噂は日本人プレイヤーの間で有名なので、一応ご紹介しておきました。

3種類あるルーレットのホイール

ルーレットは元々ヨーロッパ発祥のものですが、ルーレットの種類には、3種類存在します。

  1. ヨーロピアンルーレット(37ポケット)
  2. アメリカンルーレット(38ポケット)
  3. メキシカンルーレット(39ポケット)

0のポケットの数によって、総ポケット数が異なっています。
ヨーロピアンスタイルでは、0。
アメリカンスタイルでは、0+00。
メキシカンスタイルでは、0+00+000。

現在のカジノでは、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットが主流で、メキシカンルーレットはほとんど存在していません。

また、国によって、それぞれどちらが導入されているか特色があります。

ヨーロピアンルーレットが主流の国

ヨーロッパ各国フィリピン

アメリカンルーレットが主流の国

アメリカ韓国

どちらもある国

シンガポールマカオ

ルーレットのまとめ

 

ルーレットはフランスが発祥ですが、元々数学者の確率の計算の為に作られたような物です。数学や計算が好きな方にお勧めなゲームだと思います。

バラバラのマス目とバラバラの倍率、しかも球が入った瞬間、プレイヤーのチップの枚数を目で確認し一瞬の計算をするという数学の授業にも思えます。

有名なカジノホテルでは、ルーレットの台1台に対し、プレイヤーが後ろにも立ち15名程賭けます。
台の上はチップだらけになります。なので誰がどこに置いたのかも覚えとかなければなりません。
人が多すぎるカジノだと冷静さも失われますので、人が少ないカジノや人の少ないテーブルへ行くことがお勧めです。

どうしても人混みを避けたい場合は、賭け金が上がりますがVIPルームへ行くと落ち着いて賭けれます。
どのカジノにもVIPルームはあり、賭け金が上がりますがコーヒーや食事が無料で飲食できます。

また常連になると飛行機代や宿泊代、サウナやスパ、レストランも無料になるのでカジノで負けなければ最高のサービスを味わえます。

カジノへ行く機会があればルーレットで是非遊んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)